株式会OZsoft System Architect Div リーダー 松井 泰宜株式会OZsoft System Architect Div リーダー 松井 泰宜

「問題の所在」を的確に理解する
そこに経験の差が活きてきます

「いつかだれかの役に立てれば」
そんな想いでつくった研修なんです
ITエンジニア
株式会OZsoft
System Architect Div リーダー
松井 泰宜

世界に冠たるエレクトロニクス技術とサブカルチャーの発信地として知られる秋葉原。その一角に、OZsoft(オズソフト)はある。各々が「技術力」に自信をもつエンジニアが集う同社。その技術力を頼って、多くの企業が難解なシステム開発案件を持ち込んでくる。同社の技術力はどう育まれているのか。ヒミツは、独自の研修体制にある。つくりあげたのが、松井氏だ。


若手エンジニアを一人前の仕事人に育てあげる松井氏。

毎週1回、オフィスで開かれる松井氏による研修。実際のサーバー機器を使った実践形式の講義では、他の教育機関では決して教えてくれない「技術ノウハウ」と「現場経験」が惜しみなく伝授される。

 先日も、若手のエンジニアがお客さまの現場で褒められたというんです。「マニュアルに沿った対応とは違う、プラスαの提案力がある」との言葉をもらい、喜んでいたエンジニアがいました。それは、「単にそのエンジニアの知識が優れていた」ということではありません。「技術の勘所を知っていた」という言い方が近いかもしれませんね。

 大事なのは、現場経験なんです。新しい技術が次々と登場する業界だからこそ、その新しい技術をどう活かすかが大事。そこでモノを言うのは経験の差なんです。経験を積んだエンジニアは「問題の所在」を的確に把握でき、お客さまの要求を正確に理解できる、だから満足度に大きな違いが出る。経験と場数ですから、若手エンジニアが経験豊かなベテランと競うためには、場数を重ねるしかない。だから、私の研修では、実際に起こった事例を実機で再現して、ケーススタディとして学ぶことにしています。多くは私の実体験を基にしています。それらは、関係者以外には絶対に知りえない知識であることにもこだわっています。

 この実践的な研修を通じて、現場経験の浅い若手エンジニアは単に「好きな人」「詳しい人」から「技術を活かせる真のエンジニア」になって現場へ飛び立ちます。また、すでに場数を踏んだエンジニアは、さらに経験を豊かにして、高いレベルに挑戦していきます。

毎週1回、オフィスで開かれる松井氏による研修。実際のサーバー機器を使った実践形式の講義では、他の教育機関では決して教えてくれない「技術ノウハウ」と「現場経験」が惜しみなく伝授される。
自らの実体験を細かく再現した研修。エンジニアの「現場力」を育んでいる。

まだ経験の浅いエンジニアを次々と「即戦力」へと育てていく松井氏。実用性に強くこだわり、研修内容に対しては、「明日から使えなければ、意味がない」と言い切る。その徹底した姿勢が生まれた背景には、エンジニアになりたての若き日々、「人一倍、苦労した」と振り返る過去の経験があった。

 高校を出て、最初に就いた仕事は通信関係の営業職でした。でも、ずっと思ってたんです。「売るより、作る方がすきだな」って。もともと、機械をいじるのが好きで、自宅に「Myサーバー」があったくらいです。だから、知識については、自信はありました。そこらのプロより詳しいって(笑)。それで、ITエンジニアの道を歩み出したんですが、それが「苦労の始まり」でした。利用者の立場と構築者の立場では、関心を持つポイントが全然違うんです。私の知識が全然役に立たない。「好き」だけで始めた仕事でしたが、いきなり壁にぶち当たりました。それまでの自信は粉々になりましたね。でも、「仕事のイロハ」から教えてくれる人は、皆無。最初は怒られて覚えることしかできませんでした。ある時なんか、金融機関のシステム構築の現場で、サービスを止めてしまったことがありました。どこかで巨額の損失が発生したんじゃないかって、背筋が凍りましたね。

 そんな経験を積み重ねて学んでいったんですが、ずっと疑問でした。「こんな苦労、みんなしなきゃいけないのかな」と。だから、「いつか私の経験がだれかの役に立てれば」と。それを実践しているのが、いまの研修なんです。

まだ経験の浅いエンジニアを次々と「即戦力」へと育てていく松井氏。実用性に強くこだわり、研修内容に対しては、「明日から使えなければ、意味がない」と言い切る。その徹底した姿勢が生まれた背景には、エンジニアになりたての若き日々、「人一倍、苦労した」と振り返る過去の経験があった。
松井氏が最近まで使用していたというパソコン。若手時代から7年間、苦楽をともにしてきた相棒とも言える。独自でバージョンアップを重ね、性能は今でも最新の状態だ。

過去の苦労が生み出した松井氏の実践的な研修プログラム。その研修が生み出された背景には、もうひとつ、OZsoftがもつ社風も大きく影響していたという。

 OZsoftには、もともとギークな人が多くて、尖った技術力には定評がありました。私自身、求人広告で謳っていた「オタクを歓迎します」の一言に惹かれて入ったくらいですから。面白いアピールをしているな、と。実際、入社してみて感じたのは、若くて活気のある会社という印象でした。一方で、それぞれに技術力をもった若手エンジニアが、「仮想化サーバー専門」とか「ネットワーク専門」といったように、それぞれの得意分野を活かした「一人事業部」の集合体という印象がありました。ここに、お互いのスキルを共有できる仕組みや、スキルアップができる場をもてれば、「すごいチームになるだろうな」という確信めいた想いはありました。

 そんな想いを代表の橋本に伝えたところ、「きみが作ってくれ」と。その一言こそ、研修ができた直接的なきっかけでした。戸惑いもありましたが、自分の思いを「認めてもらえた」という感覚の方が強かったです。講師経験などない私ですから、最初は手探りでした。もともと、技術力の高い彼らですから、それを引き出し、現場で活用するにはどんな研修が必要か。「本当に必要なことだけ、ピンポイントで教える」――。それだけを軸に、いまも研修の内容は日々、磨き上げています。

過去の苦労が生み出した松井氏の実践的な研修プログラム。その研修が生み出された背景には、もうひとつ、OZsoftがもつ社風も大きく影響していたという。
技術が進歩し続ける世界だからこそ、松井氏の研修にもゴールはない

自身が作り上げた実践的な研修によって、多くの若手エンジニアが今日もそれぞれの現場で活躍している。そんな彼らの「成長」を頼もしく見つめる、松井氏。その視線の先には、大きな夢がある。

 ひとつは、一千万円プレーヤーになること。これはIT業界に転職した際、妻に宣言した約束なんです(笑)。

 もうひとつの目標は、優秀なエンジニアをもっともっと輩出して、「あそこのエンジニアはすごいぞ」っていう評判をつくることです。いまは小さなSIerに過ぎませんが、技術力で大手を見返したいんです。

 その先には、もっと大きな夢もあるんです。「オタク」が集まる秋葉原は、私たちのアイデンティティーでもあります。その秋葉原の象徴的なビルが、駅前の「秋葉原UDX」。あそこの最上階にオフィスをもつことです。「オタク集団がUDXに居を構えたんだぞ」って、メンバーたちと一緒に自慢したい。それが今の夢なんですよね。

秋葉原の代名詞、UDXの最上階に
自分たちの居場所をつくるのが夢です

松井 泰宜(まつい ひろよし)
松井 泰宜(まつい ひろよし)
松井 泰宜(まつい ひろよし)
プロフィール

1985年、神奈川県生まれ。高校卒業後、通信回線の営業職やIT企業のエンジニア職を経験した後、2015年に株式会社OZsoftに入社。同社の研修プログラムを開発するなど、同社の人材育成システムの礎を築いている。

事業所概要

社名 株式会社OZsoft
住所 〒101-0021
東京都千代田区外神田2-10-7 T・I ビル3F
TEL 03-3526-2571
URL コーポレート
http://www.ozsoft.co.jp/

人財力100
http://jinzai100.jp/2014/07/ozsoft.html

採用サイト
http://www.ozsoft.co.jp/recruitment/