• HIKOMA HOME
  • INTERVIEW
  • 株式会社Crane&I(クレインアンドアイ) エンジニア 細井 正樹
株式会社Crane&I(クレインアンドアイ) エンジニア 細井 正樹株式会社Crane&I(クレインアンドアイ) エンジニア 細井 正樹

腕ききエンジニアが求めていたのは
現場と経営の一体感がある会社

腕ききエンジニアが求めていたのは
現場と経営の一体感がある会社
株式会社Crane&I(クレインアンドアイ)
エンジニア
細井 正樹

大手SIerに勤務し、日本を代表する自動車メーカーが製造するスポーツカーの制御設計に取り組んでいた細井正樹。そんなスゴ腕エンジニアの細井が、活躍の舞台としてCrane&Iを選んだ理由はなにか。それは経営陣が数字だけで判断せず、現場と一体となったマネジメントをしている会社だったから。「ここなら、自分の裁量で自由にモノづくりに熱中できる」。そう確信してCrane&Iに転職してきた男の軌跡を追った。

※インタビュー掲載元はこちらになります


PROFILE

細井 正樹(エンジニア)
入社年:2019年/中途
出身:千葉県/帝京平成大学
趣味:野球

世界最高峰のクルマづくりに携わった

大学卒業後に就職したのは、大手SIer。さまざまなプロジェクトに参画したなかで、とくに印象に残っているのは、日本を代表する自動車メーカーで、スポーツカーの開発プロジェクトに携わったことです。私はトランスミッションの制御を担当。制御のための新しいロジックを考えたり、エンジンやハード面を担当する人たちと協力しながら、スポーツカーの開発を推進していきました。クルマ好きの方なら、きっと名前を知っているでしょう。

さまざまな分野のそれぞれ一流の人たちが集まり、世界最高峰のクルマを協力してつくり上げ、世の中に送り出せた。その喜びは忘れられません。その後、私がエンジニアとしてキャリアを築いていくうえで、大きな財産となっています。

エンジニアとしての仕事はとても充実していました。でも、その一方で、会社に対する不満が大きくなっていったんです。勤務先の大手SIerは組織が大きく、命令体系統が縦割りで、私の上に何人も上司がいる。経営陣は現場のことを知らず、数字だけで意思決定している。そのため、自分の意見が通りにくい状況。たとえ、現場の業務を効率化するよいアイデアを思いつき、直属の上司に提案しても、「ああ、上に伝えておくよ」。以後、音沙汰なし、という感じでした。

では、自分自身が一刻も早く上の役職について、自分の裁量で仕事ができるようにするか。そう考えても、上の人がたくさん“つまっている”状態では、なかなか難しい。「もっと自分の裁量で仕事がしたい」「モノづくりの喜びをたっぷり味わいたい」「会社のなかで存在感を発揮し、組織全体に影響を与えられるようになりたい」。そんな気持ちが徐々に高まり、転職を考えるように。そんなときに出会ったのがCrane&Iでした。

父の背中を追いかけ、エンジニアへの道へ

もともと私がITの世界に興味をもったのは、エンジニアである父の影響が大きいですね。

父は私とは違いハードウェアが専門。でも、ソフトウェアにも詳しく、Windows95が発売されるやいなや、家にあったパソコンにすぐにインストール。私も自然とITに触れるようになっていきました。そして、いつの間にか父の背中を追いかけるように、なにかをつくり上げていく仕事に憧れを抱くようになっていったんです。

そんな気持ちから、大学では情報工学を専攻。ただ当時は「絶対にこれをやりたい!」という特定の分野はまだ見つかっていませんでした。ですから、就活では「IT業界」とおおわくだけ決めて、そのなかでばくぜんと探し、活動を始めて最初に内定をもらった大手SIerに早々と入社を決めてしまいました。

そんな私でしたが、入社後、実際にモノづくりの現場で仕事をやってみると、とてもおもしろい。熱中しましたね。それはCrane&Iに転職したいまでも変わらない。私がいま、従事しているのは官公庁の人事関連のシステム開発。全体としては500名ものスタッフが参画する大きなプロジェクトです。そのなかで私は、システムの構成管理を担当。

より具体的に言えば、各パーツごとにでき上がってきたプログラムを最終的に取りまとめ、PMをサポートしながら、リリースできる状態にもっていくこと。スケールの大きな仕事ですから、システム開発のダイナミズム、そして産みの苦しみと喜びを日々感じています。

モノづくりの最前線に立ち、多くの人たちと協力して、つくり上げていく。やっていることと、やりがいに違いはありません。前職との大きな違いは、会社のバックアップですね。たとえば、前職も含め、たいていのIT企業では経営者や上の人たちが数字のことばかりを見て現場を見ない傾向がある。その点、Crane&Iは、経営陣と現場に一体感があり、「こんな会社にしていこう」「こんな事業もやろう」というスタンスでものごとが進んでいきます。現場からの意見がトップに通りやすく、現場にいるメンバーでも「会社づくりに携わっている」という実感があるんです。

入社早々に福利厚生の充実を提案

実際、入社してすぐ、休暇制度の新設について、社長の遠藤に提案し、採用してもらえました。前職なら考えられないことですね(笑)。そもそも採用面接のときに遠藤が話してくれた、「福利厚生で日本一の会社をめざす」というビジョンに深く共鳴したことも、入社の決め手のひとつだったんです。

前職は大手企業でしたから、それなりに福利厚生は充実していました。また、さまざまな開発プロジェクトに参画することで、たくさんの会社のよい制度、悪い制度に触れてきていました。それらを踏まえ、休暇制度の提案をしたんです。よい仕事をするためにはしっかり休むことが必要。ですから、アニバーサリー休暇、リフレッシュ休暇の導入を提案。実現に向け動いているところです。

これは私に限ったことではありません。Crane&Iでは、社歴やポジション、年齢に関係なく、「会社をこうしていきたい」「こんな制度があればいい」「この分野にビジネスチャンスがある」といった会社づくりや事業展開についての意見を出していけるんです。いいアイデアはすぐに受け入れられ、次々と実現していくのがCrane&Iならではのよさですね。

今後は、人財育成で貢献していきたい。私はもともと人に教えることが大好き。Crane&Iに入社してからも、同期入社4人のうち2人が未経験ということもあり、入社して間もない段階から教育係を担当していました。

指導で大事にしているのは、プロジェクトごとに必要な知識やスキルについて身につけてもらうのはもちろん、一人ひとりの実力や得意不得意、性格に配慮しながら、「いま、この人に必要なスキルや知識はなにか?」「将来どんな道に進みたいと思っているのか?」といったことを考えながら、指導していくこと。教え方もケースバイケース。最初から正解を教えないほうがいい場合もありますし、まず正解を教えてから実践させたほうがいい場合も。

昨日できなかったことが今日できるようになっていることのうれしさ、「できた!」という瞬間の喜びは、本人にとってとても大きなものです。そして、教える側にとっても喜びは同じなんです。

Crane&Iは人を育てることになによりもチカラを入れていますから、未経験や経験の浅い人も安心して入ってきてほしい。知識やスキルは私をはじめ、現場での経験が豊富なエンジニアがダイレクトに教えます。あとはまさに、あなた自身のやる気だけです。

事業所概要

所在地 東京都新宿区市谷船河原町9-1NBCアネックス市谷ビル2階
TEL 03-5579-2560
転載元サイト https://hikoma.jp/crane-i/