• HIKOMA HOME
  • INTERVIEW
  • ホープインターナショナルワークス株式会社 代表取締役 髙村 三礼
ホープインターナショナルワークス株式会社 代表取締役 髙村 三礼ホープインターナショナルワークス株式会社 代表取締役 髙村 三礼

縫製とデザインのスキルを武器に、
新時代を代表するアパレル会社へ

縫製とデザインのスキルを武器に、
新時代を代表するアパレル会社へ
ホープインターナショナルワークス株式会社
代表取締役
髙村 三礼

大阪を本拠に、東京にも進出しているアパレル・ベンチャー、ホープインターナショナルワークス(以下、ホープ)。有名アパレルブランド製品の企画から生産管理までを担う“つくり手"の面と、一般客から服のリメイク/リデザインを自社ショップで引き受ける“売り手"の面をあわせもつ。縫製技術やデザイン力をもつ優秀な人財が集まっているからこそのビジネスモデルだ。「つくって、売って、捨てる」ではなく、「つくって、リメイクして、着続けてもらう」新たなアパレルのカタチを生み出していくビジョンについて、代表取締役の髙村三礼に語ってもらった。

※インタビュー掲載元はこちらになります


PROFILE

代表取締役
髙村 三礼

洋服には人を笑顔にするチカラがある

——ズバリ、お聞きします。ホープのめざすものはなんですか?

「ファッションを通じて人を笑顔にしたい」。それが、私たちの根底にあります。たとえば、アパレルショップの試着室に入るとき。みんな、笑顔になっていますよね。そして、気にいった洋服を買って家に帰ったとき。やっぱり、ワクワクしながら笑顔で着てみたりするでしょう。

「この服を着たらやる気が高まる」というような、“勝負服”をもっている人も多いでしょう。洋服には人をハッピーにし、勇気を与えるチカラがあるんです。そんな服を生み出すことで社会に貢献したい。ホープは、そんな気持ちをメンバー全員で共有しながら、仕事に取り組んでいる会社です。

——ズバリ、お聞きします。ホープのめざすものはなんですか?

——ありがとうございます。では、そのビジョンのもと、ホープがどんな事業を展開しているのか、教えてください。

大きく、BtoB事業とBtoC事業にわけることができます。BtoBは、アパレルブランドや百貨店から服の企画・生産管理・納品までまかせていただく、いわゆるOEM(Original Equipment Manufacturer)。BtoCでは、東京の原宿や池袋、千葉、大阪に自社ショップがあり、一般のお客さまから服のリメイク/リデザインをおまかせいただいています。

“ミシンが踏める”人財が集結

——かなり異質な2領域のように思えますが…。

そうでもないですよ。ひとつには、「高度な縫製技術をもっている」という当社の強みを活かせる。当社は大阪に「ソーイング・ラボ」という施設をもっています。ここでは、多様な用途に対応できる、さまざまなミシンをはじめ、縫製のための各種設備をそろえ、縫製の職人たち、つまり“ミシンが踏める”スタッフが集まっているんです。縫製分野の人財と設備の充実度では、国内No.1と自負しています。

高度な縫製技術があるから、私たちの企画する衣服のクオリティは高い。他社だったら縫製技術上の制約で「こんな仕立てはムリだな」とあきらめてしまうようなデザインでも、私たちなら提案できる。また、海外の工場で服を製造するときの生産管理についても、縫製技術に精通しているがゆえに、きっちりできる。ですから、百貨店やアパレルブランドのお客さまに、企画から納品までを一気通貫でおまかせいただけるのです。

——BtoC事業でも、縫製技術を活かしているわけですね。

その通りです。リメイクを引き受けるショップはほかにもありますが、丈ツメ、裾上げといったサイズ直し、裏地の交換といった「手直し」がほとんど。当社の場合、縫製技術を活かし、お客さまのご希望に沿って、まったく違うデザインのものにつくり変えたり、新しくよみがえらせることができるんです。

しっかり縫製されているものは着心地が違う。しかも、長持ちします。古いスーツやドレスもいまふうのデザインのものに変えたりしながら、10年、20年と着てもらえるようになればいいですね。

——BtoC事業でも、縫製技術を活かしているわけですね。

時代の要請がビジネスの追い風に

——それは、いまの社会的な要請にもかなっていますね。

はい。近年はファッション業界でも、「つくって、着て、捨てる」というスタイルを改めて、「つくって、着て、仕立て直して、着続ける」という持続的なスタイルへ、各ファッションブランドが取り組みをはじめています。この潮流は、私たちのビジネスモデルに大きな追い風になります。今後、100万着をつくって、100万着を直して、ずっと着続けていただく、というふうになれば、サスティナブルな社会の実現にも大きく貢献することができるでしょう。

——それは、いまの社会的な要請にもかなっていますね。

——よくわかりました。ほかに、ホープが手がけているBtoB事業とBtoC事業の共通項はありますか。

「自社ブランドをもたない」ということです。ブランドイメージの制約を受けず、さまざまなタイプの服をつくれるというメリットがあります。たとえば、ビジネススーツのブランドを自社で展開していたら、いきなりロリータファッションをやろうとしてもできませんよね(笑)。その点、OEMであれば、スーツでも子供服でもストリートファッションでもなんでもつくることができます。

また、個人のお客さまから「いまもっているこの服をリメイクして、こういう服をつくってくれませんか」といったご依頼を受けることで、それまで自分たちがやってこなかった分野の洋服づくりにチャレンジできる。それがおもしろいし、社員のやりがいにつながっています。

また、この事業スタイルのビジネス上のメリットとしては、「在庫をもたなくていい」ということがあります。ですから、経営上のリスクが少なく、洋服をつくる喜び、楽しさを味わうことに集中できるんです。

クリエイターを志す若い人に新たな活躍の場を

——ホープで活躍できるのは、どういう人でしょう。

「ファッションが好き」ということが大前提。というのも、昔からいわれるように、「好きこそものの上手なれ」なんですね。「仕事として割り切ってやる」というタイプは、夢中になって取り組んでいる人には最終的にはかなわない。

でも、「ファッション」そのものが好きというより、「ファッション業界に入りたい」という動機だと、当社で活躍するのは難しいかもしれません。

「ファッション業界」というと、キラキラしたイメージがあるかもしれませんが、試合で華麗なプレーを見せてくれるプロ野球選手も、かげでは地道な練習をひたすら続けている。私たちの仕事も、自分のつくった服が店頭のウィンドウに飾られたり、メディアで紹介されたりと、華やかな面はある。でも、そのかげにはどろくさい努力が欠かせない世界なんです。

——ホープで活躍できるのは、どういう人でしょう。

——これからのビジョンを聞かせてください。

「ファッションで人を笑顔にする」という根本は、これからも揺らぎません。たとえば、新しいリクルートスーツを開発して就活生を応援するとか、学校の制服をおしゃれにすることで入学希望者を増やすとか。そういう洋服のチカラを信じ、いろいろな仕事をしていきたい。

また、洋服だけでなく、広告やインテリアのなかにだって、ファッションの要素はあります。ですから、アパレルという枠組みにとどまらず、ファッションやデザインのチカラを活かした新しい事業も生み出していきたい。会社を設立していま、11年目に入りました。10年やってきて、やっと一人前になった。これからが勝負だと感じています。

——最後に、求職者へのメッセージをお願いします。

近年、アパレル業界を志す若い人が減っている。とても心配しています。ですから、好きでこの業界を志し、スキルや知識を身につけた人たちの活躍の場をもっと増やしていきたい。たとえば、当社のショップやソーイング・ラボのスタッフは、クリエイターの要素が強い仕事をしています。お客さまからリメイクのご依頼を受けたとき、「こんなデザインにしましょう」とご提案をする、いわばパーソナルデザイナーのような役割を果たします。「デザイナーに近い仕事ができ、才能を活かせる場所がここにあるよ」ということを、アパレルに関心をもつ若いみなさんに知ってもらいたい。

海外をみれば、たとえばエルメスの縫製工場で働く人は尊敬され、給与もいい。日本でも、そんな場所を用意してあげたい。ホープは、まだまだ小さな会社ですが、日本のファッション業界、アパレル業界を変えていこうとしている会社。新しい発想、そして洋服づくりに情熱のある人をお待ちしています。

——最後に、求職者へのメッセージをお願いします。

事業所概要

所在地 大阪府大阪市西区北堀江1-19-8 四ツ橋KMビル3F
TEL 06-6536-8700
転載元サイト https://hikoma.jp/hope-inter/