• HIKOMA HOME
  • INTERVIEW
  • ホープインターナショナルワークス株式会社 原宿店・店長 比嘉 俊
ホープインターナショナルワークス株式会社 原宿店・店長 比嘉 俊ホープインターナショナルワークス株式会社 原宿店・店長 比嘉 俊

『ガイアの夜明け』に登場!
日々成長を続ける期待の注目株

『ガイアの夜明け』に登場!
日々成長を続ける期待の注目株
ホープインターナショナルワークス株式会社
原宿店・店長
比嘉 俊

ホープインターナショナルワークス(以下、ホープ)が展開する、服のリメイク/リデザイン店は、テレビ番組『ガイアの夜明け』で取り上げられるなど、時流を先取りするものとして話題になっている。その番組に“主人公”格で出演したのが、比嘉俊だ。いまは東京・原宿店の店長のほか、ECサイト構築、百貨店などでのイベントの企画・運営など、さまざまな仕事に取り組んでいる。若手がチャレンジできるホープの企業風土について、比嘉本人に語ってもらった。

※インタビュー掲載元はこちらになります


PROFILE

比嘉 俊(原宿店・店長)

アパレルビジネスに必要なすべてを学べる

現在取り組んでいる仕事のひとつが、服のリメイク/リデザイン店の運営です。個人のお客さまからご依頼を受けて、傷がついたり、デザインが古くなったりした服を、新たなデザインのもとに生まれ変わらせるもの。たとえば、「母親が使ったウェディングドレスを、娘さんの結婚式用に、現代的なデザインでリメイク/リデザインする」といった具合です。

お客さまご自身で使うためのものばかりでなく、古くなった服を引き取り、ホープがリメイク/リデザインしたうえで、ショップで展示し、ほかのお客さまへ販売することもあります。展示することで、「あっ、うちのタンスにしまってあるあの服も、こんなふうにすばらしい服に生まれ変わらせてくれるかもしれない」とお客さまにイメージしていただけますから。日本にまだあまり浸透していない「リメイク/リデザイン」という文化を広めていくことにも役立ちます。展示品のなかには、私自身がミシンを踏んで、リメイクしたものもありますよ。

手を動かして縫製をするほか、東京・原宿にあるリメイク/リデザイン店の運営、ホープのECサイトの構築、大阪にあるソーイングラボのマネジメント、百貨店などでのイベントの企画…。じつにいろんな仕事を、同時並行で携わらせてもらっています。自分でもおどろくほど多岐にわたっていますね(笑)。

それができるのは、ホープが幅広い事業を展開し、成長中だからこそ。大変なことは確かです。でも、そのぶん、さまざまなスキルやノウハウを身につけられる。日々、とても手ごたえを感じています。もともと、ファッション系の専門学校に通っていたころから、「もしかしたら、いつか自分でショップを開いたり、起業したりするかもしれない」と、ばくぜんとですが思っていました。将来の可能性のためにも、いま、幅広い仕事に携わり、アパレルビジネスに関連する「すべて」を学べているのは、私にとって、これ以上ない環境です。

全員でモノづくりに取り組む風土が魅力

私は沖縄県出身。高校卒業後、地元でフリーターをしていました。自分のやりたいことが明確でない状態で大学へ進んでも、学費がムダになってしまうだけだからです。自分を見つめ直した結果、「洋服が好きだ。ならばその分野に進んでみようか」と。それで学費を貯め、大阪のファッション専門学校へと進学したんです。

ファッションについてイチから学び、就活の時期には、将来、自分で起業することも想定し、「デザインやパターンづくりだけでなく、アパレルにかかわるさまざまな仕事にチャレンジできる会社はありませんか?」と、進路指導の方に相談したんです。「それなら、この会社がぴったりだよ」と紹介されたのが、ホープでした。

そこで、ホープで約1ヵ月間、インターンとして働くことに。さまざまなアパレルブランドの洋服をOEMでつくる仕事を手伝わせていただきました。裁断、縫製、パターン制作、さらにはデザイン画を描いたり、服の企画も手伝わせてもらい、「これは本当にいろいろできる会社だ」と実感しました。

また、会社の雰囲気がとてもよくて。みんなとてもフレンドリーで、すぐにうちとけることができました。当時はいまより少人数で、ボタンづけひとつでも、社長や副社長以下、みんなでするという感じでした。「いい洋服をつくろう!」「みんなで新しいことに挑戦しよう!」という雰囲気に満ちていて、それがとてもいいなと感じたんです。

インターン期間が終わったあとも、「いま、アパレルブランド向けのデザインを考えているんだけど、ちょっと手伝いに来てくれない?」と声をかけてもらったりして、ホープとのつながりが切れることはありませんでした。就活では、有名ブランドも含め、数社受けていたのですが、いちばん自分がやりたい仕事ができ、企業風土があっているのは、やはりホープだと思い、入社を決めました。

ヒトをマネジメントする難しさに直面

入社後、おもに縫製の実務を担当しながら、さまざまな業務を手伝い、「スキルやノウハウがたくさん身についている」という実感がありました。そんななか、入社4年目、原宿店がオープンするときに、「店長にならないか」と声をかけていただきました。ショップの運営という新しい仕事をまかされることはとてもうれしかった。4月に入った新卒社員3名と店長の私という布陣で、7月にお店がオープンしました。

しかし、部下たちは社会人としてまだ3ヵ月。わからないことだらけのなか、頼りになるのは私だけ。それなのに私自身、店長という職も、ヒトをマネジメントする仕事もはじめて経験すること。私のチカラ不足でスタッフが不満をもち、辞めてしまう人が出てしまいました。期待ばかりかけて、うまくフォローしてあげられず、「人生ではじめて正社員として勤務する会社」での経験をだいなしにしてしまった。自分が情けなくて仕方ありませんでした。

それで、「どこがダメだったのだろうか」とイチから見つめ直しました。上司の方からのアドバイスも受けて、ふだんからスタッフのモチベーションを上げることに注力しました。たとえば、業務について指示するとき、その業務をやることで、本人のキャリアにどう役立つのかも含めて話すようにしました。「この仕事をすることで、こんなスキルが身につくし、将来、こんなことに役立つよ」とか。まだまだ試行錯誤の段階ですが、少しずつ、ヒトのマネジメントについて身をもって学んでいるところです。

自分のチカラを伸ばせる環境がある

ホープでは、新規事業が次々に生まれます。そのため、若手でも、早い段階から責任ある仕事をまかせてもらえるなど、チャンスがたくさん転がっています。そのぶん、自分のチカラを伸ばしていける。ハードな経験も含めて、さまざまな経験をさせてもらえるので、「早く自己成長をしたい」という人にとっては、とてもいい会社だと思います。

私にとって、いちばんハードだった経験ですか…? それはテレビ番組出演ですね(笑)。テレビ東京系のビジネスドキュメンタリー『ガイアの夜明け』でホープのことが取り上げられ、恥ずかしながら私も出演させていただいたんです。でも、その番組で「日本には着られていない服が10億着以上あり、使われなくなったモノや洋服などの隠れ資産は37兆円にものぼる」という社会課題が指摘され、そのなかで、ホープの取り組みが紹介されたのは、とても意義のあることだったと思っています。

これからも、「どうやったらお客さまにさらに喜んでいただけるか」「他社がマネのできない付加価値とはなにか」を追求しながら、自分のチカラを高め、会社の発展に貢献していきたいと思っています。

事業所概要

所在地 大阪府大阪市西区北堀江1-19-8 四ツ橋KMビル3F
TEL 06-6536-8700
転載元サイト https://hikoma.jp/hope-inter/