• HIKOMA HOME
  • INTERVIEW
  • 株式会社アールピーエム(RPM Co.,Ltd) 代表取締役 古賀 竜二
株式会社アールピーエム(RPM Co.,Ltd) 代表取締役 古賀 竜二株式会社アールピーエム(RPM Co.,Ltd) 代表取締役 古賀 竜二

命と健康を守るエキスパートとして、
グローバルに活躍できる会社です

命と健康を守るエキスパートとして、
グローバルに活躍できる会社です
株式会社アールピーエム(RPM Co.,Ltd)
代表取締役
古賀 竜二

不治とされていた病気が、新しい薬の登場によって克服される──。そんな新薬を開発するには、有効性や副作用を実際に患者へ投与することによって確かめる、「治験」を行う必要がある。アールピーエムは、治験が正しく実施されているかをモニタリングするCRO(Contract Research Organization=医薬品開発業務受託機関)だ。治験にかかわる業務のエキスパートがそろい、新薬を心待ちにする患者さんのために働いている。アールピーエムでは、どんな人財を求めていて、どんな活躍の場があるのか。代表の古賀竜二に解説してもらった。

※インタビュー掲載元はこちらになります


PROFILE

代表取締役
古賀 竜二

治験における製薬会社と病院の橋わたしが任務

——アールピーエムが行っているCROとは、どんな仕事なのでしょうか。「新薬の開発にかかわる業務」というと、白衣を着て、研究室で実験をしているイメージがありますが…。

アールピーエムの社員は、みんなスーツを着ていますよ(笑)。医薬品の治験が行われる病院へ出向いて、「法令通りにきちんと治験が行われているか」をチェックするのが仕事。お客さまである製薬会社さんと治験を実施する病院との橋わたし役として、モニタリングやデータマネジメントを行い、製薬会社さんへ報告書を提出するのが、おもな業務になります。

この報告書に誤りがあったり、病院と製薬会社さんとの橋わたしがうまくいかなかったりすると、新薬開発のスケジュールに大幅な遅れが生じかねない。一般に新薬開発は10年以上の期間がかかるもの。それがさらに遅延してしまったら、新薬の登場を待ちわびている患者さんたちに申し訳が立たない。場合によっては、救えたはずの命が失われてしまうかもしれません。だからこそ、CROは専門的知識をもった人財でなければ、務まらないんです。

——アールピーエムが行っているCROとは、どんな仕事なのでしょうか。「新薬の開発にかかわる業務」というと、白衣を着て、研究室で実験をしているイメージがありますが…。

——なるほど。では、おもに経験豊富な中途入社の人財を採用しているのでしょうか。

経験豊富な方も大歓迎ですが、新卒の方も積極的に採用しています。CROの業務はチームで行うもの。ベテランと経験の浅いメンバーを同じチームに配属しています。仕事をするなかで先輩から専門的知識や業務の流れを教えてもらえる。

また、アールピーエムではCROの業務を製薬会社さんから受託するほかに、治験にかかわるさまざまな業務を担当する人財を、製薬会社さんへ派遣する事業もやっています。そこでは、世界最先端の新薬開発にかかわる業務に、若くして携わることができます。ですから、新卒の人財であっても、早期に活躍できるようになりますよ。

「現場力」が身につくように会社がサポート

——若手人財に活躍してもらうために、古賀さんが大切にしていることを教えてください。

ひとつあげるとすれば、「現場力」を身につけてもらえるように支援することです。「現場力」とは、現場における課題を自分で見つけだし、自分で解決できる能力のこと。受け身にならず、自分が主体的に動いて、いまいる現場で努力し続ける。そうしているうちに、自己成長を遂げていくんです。

たとえば、以前、アールピーエムに入社して2年ほど営業を務めた若手社員がいて、「モニターの仕事をしたいので、同業他社に転職する」といってきたんです。私は彼をひきとめました。「モニター業務を受注するための営業をするなかで、お客さまがモニターになにを期待しているのか、意識して理解しようとしてみたらどうか。そのうえで、期待通りの動きができるモニターをめざせばいい」と。彼は納得して、アールピーエムに残留。いま、本人の希望通り営業からモニターへ転身して、大活躍してくれていますよ。

——若手人財に活躍してもらうために、古賀さんが大切にしていることを教えてください。

——「希望通りの仕事を会社が与えてくれない」と考えるのではなく、いまいる現場で、希望をかなえるために最適の動きをしていく。それによって「現場力」を身につけ、キャリアアップできるように、会社が支援するということですね。

その通りです。CROは人の命にかかわる仕事。私たちが問題意識をもたずに、安易な気持ちで仕事に向きあい、現場の問題を放置したとしましょう。その結果、治験が計画通り進まないと、最悪の場合、人の死につながる。責任感をもち、現場の問題を解決していける人でなければならないのは、そのためです。

——どんな人財を求めていますか。

「場の空気が読めて、自分をわきまえ、相手を思いやる気持ちをもっている」こと。言葉にすると簡単そうに聞こえますが、実践するとなると難しい。でも、こうしたことができる人は、「現場力」を身につけるスピードが速いんです。

海外進出を果たし、世界を舞台に勝負する。

——新たな人財を迎え入れたうえで、どのように企業成長を果たしていきますか。今後のビジョンを聞かせてください。

おもに2つあります。ひとつは、売上に占める受託業務の割合を高め、「人財を派遣する会社」から「治験にかかわる業務を丸ごと引き受けられる会社」へとシフトしていくこと。そのために、「安全性管理業務」を手がけるグループ企業と経営統合します。「安全性管理業務」とは、薬を処方した患者さんになにか副作用が起こったとき、病院側から、その薬のメーカーへ症例を伝える業務。この事業をあわせもつことで、製薬会社の治験にかかわる人財不足の問題解決に、一気通貫で貢献できるようになります。業界のなかで、存在感を大きく高めることができると思います。

——新たな人財を迎え入れたうえで、どのように企業成長を果たしていきますか。今後のビジョンを聞かせてください。

——もうひとつの成長戦略はなんでしょう。

グローバル化を進めていきます。国内だけだとCRO市場は微増で推移していますが、グローバルで考えれば、大きな発展性があります。たとえば、アフリカや中国内陸部などでは、医薬品を使わず、伝統的な民間療法に頼っているところも多い。治験は国ごと、地域ごとに行われるものですから、こうしたところに医薬品を普及させるとき、必ずCROの需要が生じるはずです。

まずは、アジア市場を攻略していきたい。海外製薬会社の多くは、アジアの治験の拠点をオーストラリアに置いています。オーストラリアのCROと業務提携できないか、いま調査を進めているところです。

——最後に、就活生に向けてメッセージをお願いします。

私は、「仕事の報酬は成長」だと考えています。ひとつの仕事を経験して自己成長を遂げると、次の仕事はよりおもしろく感じられる。それで新しい経験を積むと、また成長して──。その繰り返しで、結果的に報酬もどんどん上がっていく。お金は使ってしまえばなくなりますが、成長した自分は決して失われることがない。アールピーエムには、そんな成長できる機会がたくさんあります。「成長という報酬をたくさんほしい!」という欲求のある方の応募を、お待ちしています。

——最後に、就活生に向けてメッセージをお願いします。

事業所概要

所在地 東京都新宿区西新宿3-2-4 新和ビルディング5階
TEL 03-5325-5800
転載元サイト https://hikoma.jp/rpmedical/