• HIKOMA HOME
  • INTERVIEW
  • 株式会社アールピーエム(RPM Co.,Ltd) 臨床開発部 林 知奈
株式会社アールピーエム(RPM Co.,Ltd) 臨床開発部 林 知奈株式会社アールピーエム(RPM Co.,Ltd) 臨床開発部 林 知奈

女性が大活躍している会社で、
幼少期からの夢“薬の仕事”に就けた

女性が大活躍している会社で、
幼少期からの夢“薬の仕事”に就けた
株式会社アールピーエム(RPM Co.,Ltd)
臨床開発部
林 知奈

医療機関を舞台として行われる新薬の臨床試験。製薬会社から依頼を受け、試験が正しく実施されているか、モニタリングしているエキスパートが林知奈だ。アールピーエムに新卒で入社して3年目となる林は、子どものころから薬をあつかう仕事にあこがれていたという。そんな彼女はなぜ、アールピーエムを活躍の場に選んだのか。そして入社後、どんなやりがいを感じているのか、本人に語ってもらった。

※インタビュー掲載元はこちらになります


PROFILE

林 知奈(臨床開発部)
入社:2019年入社(新卒)

学卒なら製薬会社よりCROのほうが活躍できる

——林さんはいま、アールピーエムに新卒入社して3年目。新薬開発の臨床試験のモニタリングに携わっていますね。学生時代から、医薬業界を志望していたのでしょうか。

はい。この業界への関心をもったのは、中学生のころ。片頭痛に悩んでいたのですが、薬を処方してもらったら、とても効果があって。そのころから薬学・医療などの分野をめざしはじめて、高校は理数科を選択しました。大学選びのときは、パンフレットに記載されていた「創薬化学研究室」が、私のやりたかったイメージとぴったり一致して、その研究室のある生命科学科に入学しました。

——林さんはいま、アールピーエムに新卒入社して3年目。新薬開発の臨床試験のモニタリングに携わっていますね。学生時代から、医薬業界を志望していたのでしょうか。

——研究者の道へ進むことは考えなかったのですか。

「早くビジネスの世界へ出たい」と思っていたので、大学院には進学しませんでした。そんなに“勉強好き”っていうわけでもないので(笑)。知識量ではなく、ビジネスの経験値で勝負したいと考えたのです。とはいえ、製薬会社の研究職の採用は院卒メイン。学卒の人財が活躍できて、薬の開発に携われる仕事を探すなかで、CRO(Contract Research Organization)業界に興味をもったのです。

CROは、製薬会社と医療機関との橋渡しをする役目。橋渡しが必要になるのは、知識や認識などでギャップがあるからですよね。そうしたギャップを埋めるには、橋渡し役自身が、しっかりと知識をもち、双方の認識や理解度を把握していなければいけない。高度な能力が必要で、自分自身のチカラを発揮できる仕事だと思ったのです。あとは、CROは女性が活躍している業界だと聞いたので、「チャンスがあるかな」とも思いました。

——研究者の道へ進むことは考えなかったのですか。

面接が進むなかで「適性がある」と自覚した

——CROの会社が多くあるなかで、アールピーエムに入社する決め手となったことはなんでしょう。

応募してから内定をいただくまでのなかで、「アールピーエムで働くことに適性がある」と感じたことです。採用面接の前に、自己分析シートに「人生のなかでうれしいと感じたこと、悲しいと感じたこと」を書き出して提出。それをもとに面接していただいて。「林さんは数字ではっきり成果がわかることに喜びを感じるタイプですね」という評価を伝えてもらって、それまではあまり自覚のなかった性格に気づくことができました。

そして、アールピーエムの面接は、他社と違って「話しあう」ことに重点が置かれていました。リラックスして、普段の会話のような感じで、面接担当者の方とお話しする雰囲気でした。「面接担当者から聞かれたことに答える」「私が質問したことに回答してもらう」という堅いムードはまったくなくて。そのなかで、入社したら携わることになる業務について、深く理解することができました。「製薬会社と医療機関を橋渡しすることによって、新薬開発の進行が当初の予定からの遅れがゼロになった」といったように、数字で成果がわかる業務。診断してもらった私の性格にぴったりで、適性があるとわかったのです。ですから、内定をいただいたとき、すぐにお受けしました。

——CROの会社が多くあるなかで、アールピーエムに入社する決め手となったことはなんでしょう。

——入社後、どのような仕事を経験したのか聞かせてください。

専門性が高い業務なので、入社1年目は、しっかり研修を受けます。その後は、いくつか治験プロジェクトにモニターとして携わりました。どれも、疾患のない方に向けた、より健康になるためのジェネリック薬の治験プロジェクト。こうしたケースの治験に協力してもらえる医療機関は限定されているので、依頼主である製薬会社は変わっても、医療機関のほうは同じ場合が多くて。お医者さんから「また会いましたね」といわれたりします(笑)。

いまはメインでモニターの仕事ができるようになり、依頼主となる製薬会社とのやり取りは上司が行いますが、医療機関とのやり取りは私に任せてもらっています。全国にあるいくつもの医療機関で同時に治験が進行するので、やり取りが複雑になることもありますが、だいぶうまくこなせるようになりました。いまは、コロナの影響で「リモート対応してほしい」と要望される医療機関が多く、基本的にはリモートにしていますが、プロジェクトの最後には必ず訪問し、リアルに対面。しっかり人間関係を築くように心がけています。

先輩から学んだことをマル秘ノートにメモ

——アールピーエムは、どんな職場風土ですか。

性別関係なく、活躍できる職場だと感じます。私の上司の係長も、その上の課長も女性。私自身のこれからのキャリアパスをイメージしやすく、希望がもてます。また、医療機関に出向くとき、役職者と同行することが多く、先輩からいろいろなことを日々、吸収できるのも刺激になりますね。たとえば、病院からなにか質問を受けたとき。先輩は「製薬会社に確認すべきことなのか、自分たちで解決すべきことなのか」を、すばやく、的確に判断しているんです。「私もこうなりたい!」と、キャリアアップへの意欲をかきたてられますね。

——最後に、今後の目標を教えてください。

まずは、少しでも自分ひとりで対応できるようになること。現段階では知識や経験が少ないので、上司や先輩に聞かないとわからないことが多くて。将来的には「林さんなら、安心して任せられる」といわれるようになりたいですね。そのために、いまは先輩から教わったことなどを日々、マル秘ノートに書きとめて、覚えるようにしています。これから、もっとキャリアを積んで、先輩のようになりたいですね。

——最後に、今後の目標を教えてください。

事業所概要

所在地 東京都新宿区西新宿3-2-4 新和ビルディング5階
TEL 03-5325-5800
転載元サイト https://hikoma.jp/rpmedical/